ペンタングルは、Fairport Convention や Steeleye Span などのフォーク・ロック・バンドとは違って、アクースティック楽器の演奏が多く、ジャズやブルースの影響もかなり受けています。1967年に Bert Jansch, John Renbourn が中心となって結成されました。リード・ヴォーカルは Jacqui McSheeなどです。1972年にいったん解散しましたが、2008年からはオリジナル・メンバーでの演奏活動も行っています。その間に The John Renbourn Group としての吹き込み(McShee も参加)もあり、McShee は Jacqui McShee's Pentangle(McShee 以外は違うメンバー)を結成したりしました(彼らの演奏も以下のリストに含めました; Bert Jansch のソロもいくつか)。レパートリーにチャイルド・バラッドはそれほど多くありませんが、いずれも印象的な演奏です。* はビデオです。[ ] 内はチャイルドとローズ(G. Malcolm Laws)の分類番号です(ローズはアメリカ版があるバラッドのみが対象です)。ペンタングルの経歴・アルバム等は以下を参照してください。

cruel sisterThe Cruel Sister, 1851 (oil on canvas) by John Faed (1820-1902)


Pentangle (band) from wikipedia
丸田信一さんのエッセイ「Pentangle追っかけの旅」、広岡祐一さんのエッセイ「ペンタングルとバラッドとの出逢い」もお読みください。


Cruel Sister (1970) [10: The Twa Sisters]
Another version(歌詞付き)
Cruel Sister* (at Harrogate International Centre July 10th 2008) (一部のみ)
Cruel Sister* (Jacquie McShee's Pentangle@Cropredy Warm-Up-2007)(ジャズ風の演奏)


ペンタングル・ヴァージョンをカヴァーしているアーティストも少なくないようですが、旋律とバーデン(burden)は本来このバラッドのものではなくてThomas D'Urfey, Wit and Mirth; or, Pills to Purge Melancholy, vol. V (1719) に収録された "A Riddle Wittily Expounded" [Child 1A.d; ただし、チャイルドは歌詞のみを転載] から由来します。直接には J. Collingwood Bruce & John Stokoe, Northumbrian Minstrelsy (1881, 1882)に収録の "Lay the Bent to the Bonny Broom" [同じく Child 1] からの採用と思われます(以下が元歌に基づく歌唱です)。
Riddles Wisely Expounded - Jacqui & Bridie (released 1965?)
A Noble Riddle Wisely Expounded* - The Askew Sisters (Sidmouth Folkweek 2007)
ペンタングル・ヴァージョンを日本語で歌っている人もいます。
二人姉妹 (Cruel Sister)* - SHiMA(Taro8)
なお、殺された者の遺体の一部(たいていは骨)が悪事を暴露するという話は世界各地に伝わっています(グリム童話にも「歌う骨」があります)。以下を参照してください。
The Singing Bone
歌い骸骨 - Wikipedia

Jack Orion (1970) - part 1 [67: Glasgerion](歌詞付き)
Jack Orion 
- part 2 (歌詞付き)18: 38 もの長さの大作です。

ヤンシュ版も付けておきます。
Jack Orion
 - Bert Jansch
"Jack Orion" の歌詞はイギリスの民謡研究家で歌手の A. L. Lloyd が "Glasgerion" を作り直して、それに新たな曲("Donald, Where's Your Troosers" の作り変え)を付けたもの、と言われています。この歌の「復活」については、以下の "Adaptations" を参照。
Glasgerion - Wikipedia, the free encyclopedia
また、歌詞等はこちらをご参照ください。


Willy O' Winsbury (1972) [100] 
Willy O' Winsbury*
歌詞は Child 100A (Campbell MSS) を書き直して、最終のスタンザに 100C-13 (Kinloch MSS) を付け加えたものと思われます。ペンタングル版の旋律は、もともとチャイルドの The English and Scottish Popular Ballads, vol. V (p. 416;あまり知られていませんが、チャイルドにも旋律が少数載っています) に収録された “Fause Foodrage” [Child 89C] のものでありましたが、Andy Irvine (of Sweeney’s Men) が “Willy O' Winsbury” の歌詞で歌い始めました(以下をお聞きください)。それ以来、この組み合わせが一般的になりました。
Willy O' Winsbury - Sweeney's Men
 
ついでながら、Fairport Convention はまったく別の歌詞の "Farewell, Farewell" をこの曲で演奏しています。


House Carpenter (1969) [243: James Harris (The Dæmon Lover)]
House Carpenter (from BBC)
House Carpenter * (c. 1970)
House Carpenter* (Royal Festival Hall 29 June 08)

歌詞は、Pentangle - House Carpenter Lyrics
歌詞・旋律は Jean Ritchie のアメリカ版からの採用のようです。以下で30秒ほどのサンプルを聞くことができます(ただし、Jean Ritchie: Ballads from Her Appalachian Family Tradition, SFW40145 ではこれと違う旋律です)。
Smithsonian Folkways - Jean Ritchie and Doc Watson at Folk City
この旋律は1917年にシャープが採録した版(English Folk Songs from the Southern Appalachians, vol. 2, 1933, p. 258)に似ています。


以下はチャイルド以外のバラッドです(順不同)。

Lyke Wake Dirge (1969)
http://www.youtube.com/watch?v=Yizg_RP7RBg 
http://www.youtube.com/watch?v=sYkaVrnZd9I (from BBC)
ウォルター・スコットの Minstrelsy of the Scottish Border に歌詞が掲載されたバラッドで、Arthur Quiller-Couch, ed., The Oxford Book of Ballads (1910) にも収録されています。曲は Harold Boulton, Songs of the North, vol. I (1885) からです。ヤング・トラディションが歌っていました(以下)。
Lyke Wake Dirge - The Young Tradition (1965)
http://www.youtube.com/watch?v=Y3JyVHOq7PQ 
この歌については、以下をご参照ください。
Lyke Wake Dirge, The
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/OBB033.html 
The Lyke Wake Dirge  Version 1  The Yorkshire Garland Group (歌詞・録音あり)
http://www.yorkshirefolksong.net/song_database/Ritual/The_Lyke_Wake_Dirge____Version_1.102.aspx 
Lyke-Wake Dirge - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Lyke-Wake_Dirge 
Understanding Lyke Wake Dirge by Jeff Duntemann.
http://www.duntemann.com/likewakepage.htm 

Bruton Town (1968) [Laws M32]
http://www.youtube.com/watch?v=4pymJ_tD_Hw (live)
http://www.youtube.com/watch?v=GVZN_GwX4l0 (from BBC)
Bruton Town* (Green Man Festival 2008)
http://www.youtube.com/watch?v=UofTLH2N5Ek 
Bruton Town* (Live Harrogate International Centre 10/07/08) 
http://www.youtube.com/watch?v=YCXJW73S5e4 
Bruton Town* (Glasgow 13/07/08)
http://www.youtube.com/watch?v=LY4mQkM_39Y 
Bruton Town* - Bert Jansch & Jacqui McShee (BBC 4 Session, 2003)
http://www.youtube.com/watch?v=47eGRQfm1zA 
"The Bramble Briar" などとも呼ばれ、英米で伝承されてきました。筋はボッカチオの『デカメロン』(IV, 5) に載っている物語で、ジョン・キーツはこれに基づいて "Isabella; or the Pot of Basil" (1818) を書きました。
歌詞は、Pentangle - Bruton Town Lyrics
http://www.lyricstime.com/pentangle-bruton-town-lyrics.html 
この歌については、以下をご参照ください。
The Bramble Briar (ballad) - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Bramble_Briar_(ballad) 
Bramble Briar, The (The Merchant's Daughter; In Bruton Town) [Laws M32]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LM32.html 

Lady of Carlisle [Laws O25]
http://www.youtube.com/watch?v=fMOw-qe5X2U 
こ れもブロードサイド系のバラッドです。旋律は伝承的な modal で、4拍子・2拍子・3拍子(あるいは4拍子・3拍子・6拍子とも解釈できます)が組み合わされているアメリカ版(1937年採録;のちに Peggy Seeger が歌いました)をそのまま採用しています。Basil May によるオリジナル録音は以下に収録されています。
The Music of Kentucky: Early American Rural Classics 1927-37, Vol. 2
http://itunes.apple.com/jp/album/the-music-kentucky-early-american/id310360873 (30秒ほどのサンプルあり)
歌詞は、DigiTrad: LADY OF CARLISLE
http://www.mudcat.org/@displaysong.cfm?SongID=3476
この歌については、以下をご参照ください。
Lady of Carlisle, The [Laws O25]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LO25.html 
以下に “The Faithful Lover, or the Hero Rewarded” と題するブロードサイド版 (J. Pitts (London); between 1819 and 1844) があります。
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Firth+c.13(36)&id=17816.gif&seq=1&size=0 

Oxford City [Laws P30]
http://www.youtube.com/watch?v=LjkFvq9SxMk 
歌詞と旋律(以下参照)は伝承版に基づいています。
DigiTrad: OXFORD CITY (midi あり)
http://www.mudcat.org/@displaysong.cfm?SongID=4568
この歌の記録については、Oxford City [Laws P30]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LP30.html 
ご参考までに、"Little Glass of Wine" などのタイトルのアメリカ版があります。
LITTLE GLASS OF WINE - ALTON ELLIOTT & ROBERT PERKINS
http://www.youtube.com/watch?v=mduEuAyG9_g 

The Trees They Do Grow High [Laws O35]
http://www.youtube.com/watch?v=LU3Xeo0kabc 
“A-Growing,” “(He's Young But He's) Daily A-Growing” などのタイトルでも知られています。歌詞は、
PENTANGLE - TREES THEY DO GROW HIGH LYRICS
http://www.lyricspond.com/artist-pentangle/lyrics-trees-they-do-grow-high 
歌詞・旋律は Joan Baez 版(以下をお聞きください)とほぼ同じです。
http://www.youtube.com/watch?v=c3_qE9ectJQ 
この歌については、以下をご参照ください。
A-Growing (He's Young But He's Daily A-Growing) [Laws O35]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LO35.html 
The Trees They Grow So High (folk song) - Wikipedia, the free encyclopedia.
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Trees_They_Do_Grow_High 
以下は "My Bonny Lad Is Young and Growing" (W.S. Fortey (London); Date: between 1858 and 1885) と題するブロードサイドです。 
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Harding+B+11(1685)&id=02578.gif&seq=1&size=0 
なお、御用とお急ぎでない方は、拙稿もお読みください(画面右下の Adobe PDF "View/Open" をクリック;ただし、ページの右左が逆になっています)。
「木々は高く」– 非チャイルド系の伝承バラッドについて – (1985)
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/11261 

Lord Franklin (1970) [Laws K9]
http://www.youtube.com/watch?v=ygfDU3x3IgY 
Lord Franklin (from BBC)
http://www.youtube.com/watch?v=zOlIRkOcq8w 
Lord Franklin* - John Renbourn (2005) 
http://www.youtube.com/watch?v=zCibQkrl2BY 
歌詞は、PENTANGLE: LORD FRANKLIN LYRICS
http://www.justsomelyrics.com/1522532/Pentangle-Lord-Franklin-Lyrics 
この歌については、以下をご参照ください。
Lady Franklin's Lament (The Sailor's Dream) [Laws K9]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LK09.html 
Lady Franklin's Lament - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Lady_Franklin%27s_Lament 
旋律はアイルランドの "Cailín Óg a Stór" を借用しました。アイルランドの “The Croppy Boy”(以下)やディランの “Bob Dylan's Dream” もこの旋律です。
The Croppy Boy* - Anne Byrne
http://www.youtube.com/watch?v=EBfsmDi8qZY 
以下はブロードサイドです。
Lady Franklin's Lament (J. Wilson (Bideford))
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Firth+c.12(81)&id=17548.gif&seq=1&size=0 

Omie Wise (1971) [Laws F4]
http://www.youtube.com/watch?v=TPLBJi3foKE 
アメリカのバラッドです。この歌については、以下をご参照ください。
Poor Omie (John Lewis) (Little Omie Wise) [Laws F4]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LF04.html 
Omie Wise - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Omie_Wise 
歌詞は、Pentangle - Omie Wise Lyrics
http://www.lyrics007.com/Pentangle%20Lyrics/Omie%20Wise%20Lyrics.html 
旋律はドック・ワトソンなどの版とほぼ同じです(スタンザには相違がありますが)。ワトソンの弾き語りをお聞きください。
Omie Wise - Doc Watson
http://www.youtube.com/watch?v=hcaCmIIcVHY(歌詞あり)

High Germany (1972)
http://www.youtube.com/watch?v=yHXHd7LAmx8 (歌詞あり)
この歌と背景については、以下をご参照ください。
High Germany
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/ShH56.html 
High Germany - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/High_Germany 
以下はブロードサイドです。
High Germany (J. Catnach (London); Date: between 1813 and 1838) 
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Harding+B+11(1536)&id=02428.gif&seq=1&size=0 

Sovay (1968) [Laws N21]
http://www.youtube.com/watch?v=x1hbsnUwlAc 
http://www.youtube.com/watch?v=SBXdyM1Unr0 
Sovay (from BBC)
http://www.youtube.com/watch?v=yObvY-U3m8M 
Sovay - Bert Jansch & Conundrum
http://www.youtube.com/watch?v=XdxZ_XpZG44 
この歌については、以下をご参照ください。
Female Highwayman, The [Laws N21]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LN21.html 
Sovay - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Sovay 
歌詞は、Pentangle - Sovay LYRICS
http://www.lyricsdownload.com/pentangle-sovay-lyrics.html 
DigiTrad: SOVAY (歌詞・midi; 伝承版から)
http://www.mudcat.org/@displaysong.cfm?SongID=5498
以下は "Sylvia's Request, and William's Denial" (J. Pitts (London); Date: between 1819 and 1844) と題するブロードサイドです。   
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Harding+B+11(3723)&id=04648.gif&seq=1&size=0 

Reynardine (from BBC) [Laws P15]
http://www.youtube.com/watch?v=Y4iXz6QK2RY 
Reynardine - The John Renbourn Group
http://www.youtube.com/watch?v=OH8CXSF7Brw 
Reynardine* - Bert Jansch (live)
http://www.youtube.com/watch?v=JmVA7BHsF1I 
この歌については、以下をご参照ください。
Reynardine [Laws P15]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LP15.html 
Reynardine
http://en.wikipedia.org/wiki/Reynardine 
以下は "Reynardine" (発行所、出版年不明) と題するブロードサイドです。   
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=2806+c.8(310)&id=12564.gif&seq=1&size=0 

The Nightingale* - Jacqui McShee's Pentangle [Laws P14]
http://www.youtube.com/watch?v=zciwrHNBXuw 
歌詞は以下の Jean Ritchie ヴァージョンに似ています。
DigiTrad: THE NIGHTINGALES SING (4)
http://www.mudcat.org/@displaysong.cfm?SongID=6755
この歌については、以下をご参照ください。
One Morning in May (To Hear the Nightingale Sing) [Laws P14]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LP14.html 
以下は "Bold Grenadier" (発行所、刊行年不明) と題するブロードサイドです。
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Harding+B+11(457)&id=01347.gif&seq=1&size=0 

My Johnny Was A Shoemaker - The John Renbourn Group
http://www.youtube.com/watch?v=2yRAi4miyvQ 
My Johnny Was A Shoemaker*- John Renbourn & Jacqui McShee at La Jungla Sonora Radio Euskadi
http://www.youtube.com/watch?v=PwZbWaWx6ys 
もとはおそらくアイルランドのブロードサイド・バラッドです。以下をご参照ください。
My Johnny Was a Shoemaker
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/OLcM044.html 
以下はアメリカ版のブロードサイド(H. De Marsan (New York), 1861-1864)です。
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Harding+B+18(366)&id=08043.gif&seq=1&size=0 

John Barleycorn (1977) - The John Renbourn Group
http://www.youtube.com/watch?v=j0qbNe2OJZc 
この歌については、以下をご参照ください。
http://www.informatik.uni-hamburg.de/~zierke/lloyd/songs/johnbarleycorn.html 
John Barleycorn
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/ShH84.html 
以下は "A pleasant new ballad to sing ev'ning and morn, of the bloody murder of Sir John Barley corn" (出版年不明) と題するブロードサイドです。
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Douce+Ballads+3(83a)&id=15712.gif&seq=1&size=0 

A Maid in Bedlam (1977) - The John Renbourn Group
http://www.youtube.com/watch?v=eejS-nVrmks 
もとはブロードサイド・バラッドです。この歌については以下をご参照ください。
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/ShH41.html 
Bedlam (歌詞 & midi; これは Cecil Sharp 採録版のようです)
http://www.contemplator.com/england/bedlam.html 
以下は “The Fair Maid in Bedlam” と題するブロードサイドです。
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Firth+b.26(457)&id=17115.gif&seq=1&size=0 (G. Walker; date: between 1797 and 1834)
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Harding+B+11(1116)&id=02007.gif&seq=1&size=0 (J. Marshall (Newcastle); date: between 1810 and 1831)

Death and the Lady (1977) - The John Renbourn Group
http://www.youtube.com/watch?v=8f3GW0Ztrcs 
もとはブロードサイド・バラッです。以下をご覧ください。
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/ShH22.html 
Death and the Lady (歌詞 & midi あり)
http://www.contemplator.com/england/death.html 
以下はブロードサイド版です。
"Death and the Lady" (probable period of publication: 1880-1900)
http://www.nls.uk/broadsides/broadside.cfm/id/14980/transcript/1 

Black Waterside (1977) - The John Renbourn Group
http://www.youtube.com/watch?v=dFS0Dmb3FCk 
Black Waterside* - Bert Jansch
http://www.youtube.com/watch?v=hkX7Q2J7k48 
これももとはブロードサイド・バラッドですが、以下の2曲のうち (2) “Down By Blackwaterside” のほうです。Bert Jansch は Anne Briggs の歌唱から覚えた、とのことです。
(1)    Black Water Side, The [Laws O1]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LO01.html 
(2)    Down By Blackwaterside
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/K151.html 
ブリッグズも聞いてください。
Blackwaterside - Anne Briggs
http://www.youtube.com/watch?v=OxOouYO5tY4 
歌詞は以下です(ただし、部分的に相違あり)。
DigiTrad: BLACKWATERSIDE
http://www.mudcat.org/@displaysong.cfm?SongID=690
以下は "Distress'd Maid" (W. Wright (Birmingham); date: between 1831 and 1837) と題するブロードサイドです。
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Harding+B+28(122)&id=10953.gif&seq=1&size=0 

Nottamun Town - Bert Jansch
http://www.youtube.com/watch?v=xzyPZAJ-Gnw 
この歌については以下をご参照ください。
Nottamun Town (Nottingham Fair)
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/WB2006.html 

Katie Cruel - Bert Jansch
http://www.youtube.com/watch?v=C-Dwg9c6h-Q 
この歌については以下をご参照ください。
Katie Cruel (The Leeboy's Lassie; I Know Where I'm Going)
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/SBoA050.html 

Rosemary Lane - Bert Jansch [Laws K43]
http://www.youtube.com/watch?v=gZetQ8iS1qc 
Rosemary Lane* - Bert Jansch
http://www.youtube.com/watch?v=Y6ymZDtgV58 
この歌については以下をご参照ください。
Rosemary Lane [Laws K43]
http://www.csufresno.edu/folklore/ballads/LK43.html 
以下は "The Servant of Rosemary Lane" (J. Pitts (London); Date: between 1819 and 1844) と題するブロードサイドです。
http://bodley24.bodley.ox.ac.uk/cgi-bin/acwwweng/ballads/image.pl?ref=Harding+B+11(4221)&id=05157.gif&seq=1&size=0